フリーランス求人

サイトの説明

フリーランスを成功させるのに大切なセルフブランディング

更新日:

フリーランスになると、他のフリーランスの人との競争になります。

フリーランスは自分で開業届を出して看板を上げるわけですから、個人といえども「ブランドイメージ」が大切なのです。

どれだけスキルがあって良質な仕事ができたとしても、ブランド力が弱いために仕事が取れず途中で挫折してしまう人もいます。

よりフリーランスとしての成功率を高めるために、セルフブランディングの方法を覚えておきましょう。

なぜ「セルフブランディング」が大切なのか?

フリーランスを始めたら、自分で営業をして仕事を獲得していくことになります。

もちろん発注側の企業はよりコストを抑えたいと考えますし、逆にフリーランス側は少しでも高い報酬を望みます。

発注側は出来上がりの業務結果と金額とを照らし合わせ、報酬のバランスを取るのです。

フリーランスはたくさんいるので競争になるのは避けられません。

そこで、ただただ報酬を値引きしてしまうと、仕事量ばかりが増えてまったく収入が上がらないという結果に陥ってしまうのです。

フリーランスになったばかりでは誰もが自信がないので、ついつい報酬を安くしてしまいがちですが、これが失敗の原因になります。

逆に、他のフリーランスよりも質の高い仕事をすることを決意し、思い切って単価を上げることを考えるのが、フリーランスでは大切なことです。

そして納得できる高額な報酬に付加価値をつけるためにセルフブランディングが必要なのです。

すばやい納品が基本

どんなフリーランスでも期日までに納品することが大切です。

職人的な感覚を持っているフリーランスはとくに期日に遅れがちなのです。

しかし、納品期日を守ることは社会人としても当然のことですし、素早い納品は相手の信頼を勝ち取ることができます。

意外にこれを守れないフリーランスが多いのが実情です。

業務の質にばかりとらわれず、納品スピードもフリーランスのレベル要素の一つだと認識しましょう。

毎回期日を守ってすばやく納品を心がけることがセルフブランディングの基本です。

それを怠ると、一気に信用を失ってしまい、仕事の量も減少してしまうのです。

常にスキルとアベレージのアップを心がける

目先の売上のことばかり考え、薄利多売を続けていると体力が続きません。

自分というブランドの価値を高めるためには、常にスキルとアベレージ(報酬)を上げることを意識することが大切なのです。

とくに技術に頼るところが多い職種では、「スキル=ブランディング」だといえます。

IT系などは技術革新も早いので、新しい技術をいち早く取り入れたフリーランスが強みをにぎります。

そしてスキルアップに合わせてアベレージも高めていくことで、高額な報酬であっても発注者が納得してくれるのです。

また、スキルに対しての広い知識があれば、発注者に対してこちらから提案を出すこともできるので、交渉を有利に進めることもできます。

まとめ

会社に勤めていた人がフリーランスになると、会社のブランドと信用の力を思い知るはずです。

始めたばかりのフリーランスは、ブランドも信用もゼロからのスタートとなり苦労するのです。

「セルフブランディング」は、立場の弱いフリーランスを有利にするために必須の要素だということを覚えておきましょう。

Copyright© フリーランス求人 , 2019 All Rights Reserved.