フリーランス求人

サイトの説明

フリーランスになるために大切な心得3選

更新日:

現在会社に所属している人で働き方に満足ができないのであれば、「フリーランス」を視野に入れいてるかもしれません。

フリーランスは現在注目されている働き方のかたちで、サラリーマンに比べるとメリットもたくさんあるからです。

ただし、フリーランスは会社に勤めているときとは大きく生活が変化しますし、注意しなくてはならないこともあります。

フリーランスになるために大切な心得を3選を見てみましょう。

1.何もかも自分1人でやらなければならない

会社での仕事は、ほとんどが分業になります。

そして、多くの企業に雇用されているサラリーマンは、会社運営全体のことを理解しているわけではありません。

会社を運営するためには製造・営業・財務・人事・総務と様々な要素をクリアする必要があり、各部署がその業務を全うすることで会社はトラブルなく維持されているのです。

しかし、フリーランスになると、これらの全てを自分でやる必要があります。

とくに経理などを軽視してしまうと、税金問題で後から痛い目を見ることになるのです。

これらの会社運営の要素は、個人レベルのフリーランスの場合でも同じです。

まずは会社運営に必要な最低限の知識をつけ、それらをこなす覚悟をすることが第一の心得になります。

2.時間管理を綿密に計画する必要がある

人は上司や先輩、あるいは同僚たちが周囲にいることで緊張感があるために節度のある行動をとります。

しかし、フリーランスになると周囲の目がなくなることで、サボり癖のある人はたちまち仕事のペースを落としがちになってしまうのです。

たとえば、フリーランスに多い在宅ワークでは朝出勤してタイムカードを押す必要がなくなるので、生活にメリハリがなくなります。

フリーランスになると次第に寝たいときに寝て置きたいときに起きるような生活になり、時間管理ができなくなって失敗してしまうケースが少なくないのです。

周りのサポートが受けられないフリーランスこそ、時間管理を綿密に計画しなかればなりません。

サボるつもりがなくても時間が足りなくなるのがフリーランスです。

毎日の生活、そして業務のスケジュール管理を決め、それを自分自身で守るという姿勢がフリーランスでは大切なことなのです。

3.営業こそがフリーランス最大の要

フリーランスになる場合、ある程度自分のスキルに自信があるはずです。

しかし、長年会社に勤めて覚えた技術とノウハウはフリーランスで役立てられるとしても、何もしなくては仕事そのものが舞い込んで来ることはありません。

仕事を依頼してもらうための「営業活動」こそが、フリーランス最大の要なのです。

サラリーマンからフリーランスになる際、ある程度の目測として仕事が取れることは想定しているかもしれませんが、サラリーマンとは違いフリーランスへ流れてくる仕事に”保証”はありません。

さらに報酬を割引して仕事を横取りしようとしてくる、他のフリーランスが営業をかけてくれば、簡単に天秤にかけられてしまうのが、この世界の怖さです。

そうならないために、常に仕事内容を充実させるとともに、複数のクライアントと契約できるように営業を怠ってはいけないということも心得ておきましょう。

まとめ

フリーランスは企業から守られている人材ではなく、社会経済の競争に参加することになります。

フリーランスの性質をうまく活かすことができれば、会社に所属するよりも大きなメリットもありますが、同時にリスクがあることも忘れてはいけないのです。

これからフリーランスを目指す人は、ここでご紹介した3つの大切な心得をまず強く意識しておきましょう。

Copyright© フリーランス求人 , 2019 All Rights Reserved.