フリーランス求人

サイトの説明

フリーランス転身の障害となる不安や心配の解決

更新日:

長年勤めてきた会社を辞めてフリーランスに転身することは、ある意味ギャンブル的でもあります。

そのために、スキルは十分にあってもあと一歩が踏み出せない人も少なくないのです。

フリーランスを目指している人は、いったいどんな不安や心配を抱えてしまうのでしょうか?

代表的なものと、その解決法などをまとめてみました。

不安定な収入

毎日出勤をしていればある程度確実に給与がもらえるサラリーマンとは違い、フリーランスは「自分で稼ぎ出す」働き方なので常に不安定になることを避けられません。

しかしこれは、現在フリーランスとして長年継続できている人でも同じことなのです。

とくに独立した最初の1~2年はどうしても収入が安定しませんし、職種や状況によっては”無収入”になってしまうことも少なくありません。

なので、フリーランスになることを計画しているのであれば、収支計算をギリギリにするのは危険です。

ある程度を蓄えを持ち、そして無駄をできるだけ削ってスタートさせることが大切なのです。

何からはじめていいか分からない

フリーランスに憧れているけれど、明確なプランが出来上がっていない人は「何からはじめていいか分からない」と感じるはずです。

基本的にフリーランスは、最低1つのスキルを頼りに仕事をはじめるものなので、まずは”スキルの習得”を考えることが先決です。

「そんな付け焼き刃で仕事ができるのか?」と不安かもしれませんが、現在ではフリーランスに関する社会の好条件が揃っているのです。

企業は外注にどんどん仕事を依頼するようになっていますし、パソコン1台でできる仕事も新しく誕生しています。

昔のフリーランスのような、専門レベルの高いスキルではなくても十分に生活費くらいは稼げる仕事が増えているのです。

またスキルを教えてくれるスクールも充実しているので、そういったサービスをまず利用するのも有効な手段です。

社会的地位が下がってしまう

フリーランスになると社会的な地位も心配になります。

きちんと登記された会社に所属しているのと、個人事業主とでは金融関係や不動産関係からの信用度も低下するからです。

ローンや新しいクレジットカードを作るとき、あるいは部屋を借りるときなどに苦労することもあるでしょう。

なので、フリーランスとして独立する前にクレジットカードなどはいくつか作っておくことが大切です。

不動産に関しては最近では保証会社も増えているので、ある程度銀行口座に預金があれば問題ありません。

また逆に個人事業主として一定期間営業できていれば、個人事業主向けのローンや日本政府が提供する個人・小企業向けの融資サービスを受けられるようになります。

まとめ

新しいことを始める前には、とかく不安や心配がつきまといますが、”フリーランス”に対しては解決策もあります。

最近ではフリーランスに対して求人サイトなども増えているので、仕事の確保もしやすくなっている現状なのです。

Copyright© フリーランス求人 , 2019 All Rights Reserved.