フリーランス求人

サイトの説明

フリーランスに向いている人とそうでない人の特徴

投稿日:

「フリーランス」に憧れる人は多くいますが、フリーランスに転身した方が成功しやすいタイプとそうでないタイプの人がいます。

短絡的に「稼げるから」「将来に夢が持てるから」という理由だけでフリーランスになってしまうと、後から後悔をすることにもなりかねないので注意が必要です。

より自分に合った働き方を探すために、フリーランスに向いている人、向いていない人の特徴を見比べてみましょう。

フリーランスに向いている人の特徴

”フリーランス”という働き方は、自由度が高く自分の努力が可視化されやすいという性質があります。

その分責任も自分で追う必要があり、それは企業でサラリーマンとして働いているよりもさらにレベルの高いものになります。

実際にフリーランスで成功している人を見てみると、行動や考え方にもいくつも共通点を見つけることができます。

それは単純に「仕事ができるできない」といったものではなく、その人がもとから持っている”性格”も深く関係しているのです。

  • 仕事が好きで没頭できる
  • 自制心が強く生活が乱れない
  • 打たれ強い
  • 孤独になっても不安にならない
  • 楽天的
  • ロマンティスト

フリーランスという働き方は、自分のスキルと仕事が好きで、それに没頭できる性格が向いています。

ここまでインターネットが普及する以前まで、フリーランスは作家やイラストレーター、記者、アート系などが代表的でした。

フリーランスの仕事は、ある意味自分のスキルで作り上げた作品や労働を企業に販売するのですから、レベルの高い結果を生み出せることが条件だったのです。

また、フリーランスは起業家(経営者)とサラリーマン(被雇用者)との中間的な存在なので、孤独で不安に襲われることもしょちゅうあります。

そんなときにプレッシャーで潰されない強いメンタルを持っていることも、フリーランスには必要な素養なのです。

また、自分の目標に無条件で邁進できるようなロマンティストもフリーランス向きの人だと言えるでしょう。

フリーランスに向いていない人の特徴

フリーランスという働き方に憧れていても、性格がそれに向かない人も多くいます。

向かない人が報酬や将来性などに惹かれて転身しても、失敗をしてつらい思いをするだけですから、ここで挙げるような人は考え直したほうがいいかもしれません。

  • 誘惑に弱い
  • 集中力がない
  • 常に監視されていないとサボってしまう
  • 好きな仕事(スキル)がない
  • 孤独に耐えられない
  • 心配性
  • 現実的

フリーランスに向かない人は、会社での仕事も打算的で、楽をしてある程度の給料をもらうことができれば満足してしまう人です。

会社での仕事に集中できない人もフリーランスには向きません。

フリーランスは他のフリーランスとの競争になるので、常に自分のスキルを高める努力をしないと、すぐに仕事がなくなってしまいます。

またチームプレイが好きで、一人で行動することが苦手な人も、フリーランスになるとつらくなります。

そして、フリーランスは不安定な収入に悩むことも多いので、心配性の人はストレスを受けて続けられない状態になることも少なくありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一見メリットの多そうなフリーランスですが、それは自分の性格にピッタリと適合している場合のみにいえることです。

そして、フリーランスに向かない人は、会社に所属する働き方が向いている人だともいえるので、現在の会社で頑張るか、さらに良い職場を探して転職するなどの方法をおすすめします。

Copyright© フリーランス求人 , 2019 All Rights Reserved.