フリーランス求人

サイトの説明

フリーランスの仕事の探し方5選

投稿日:

フリーランスになって成功するかどうかの最大の要素は、顧客(クライアント)がいかに確保できるかどうかということです。

会社に勤めているときには、分業によって振り当て荒れた仕事をこなしていれば給与をもらうことができましたが、フリーランスでは自分で収入源を見つけることになるのです。

現在の日本の企業では、社内ですべての業務を行うのではなく、外注に発注する方法をとることが増えていますから、これからフリーランスになろうとする人は絶好のタイミングだといえます。

フリーランスの仕事を得るためのサービスもたくさん誕生しているので、その中から5つの方法を紹介しておきます。

1.クラウドソーシングサービス

企業、あるいは個人で仕事を発注することができる「クラウドソーシングサービス」は、年々その数を増やし、発注側・受注側ともに利用者も増えています。

クラウドソーシングサービスは、サイト内で発注者が仕事の概要を伝え、フリーランスがそれを見て申し込むという仕組みです。

クラウドソーシングの運営会社には、数パーセントから数十パーセントの手数料を支払うので、その分報酬は目減りしますが、募集数が圧倒的でスキルに自信がないフリーランスでも利用しやすいのが人気です。

あてもなくフリーランスになってしまった人は、仕事を探すのが大変です。

クラウドソーシングで実績と経験を積んで自信をつけるのも一つの手だといえるでしょう。

2.スキル販売

自分の持っているスキルを販売できるサイトもたくさん誕生しています。

スキル販売は前述のクラウドソーシングとは反対に、フリーランス側が自分のスキルを提示し、それを閲覧した顧客が仕事を発注するという仕組みです。

無作為に仕事を探すのではなく、登録して待っているだけなので、時間の節約にもなります。

現在ではスキル販売サイトも認知度が高まっているので、たくさんの企業がチェックしているので、意外にも有名企業から声がかかるということもめずらしくありません。

3.営業

ここまでインターネットが普及するまでは、フリーランスが仕事を探す方法は「営業」が主でした。

しかし、ネットが進化したことで、最近では自宅にいながらにして顧客を探すための営業をすることが可能になっています。

ネット上には様々な企業のホームページや運営サイトがあり、その中でフリーランスを募集していることも多いのです。

たとえば、ウェブライターならば、ニュース・コラムサイトのページのどこかに「ライター募集」の文言を見つけることができます。

たいていこういった求人は、前述のクラウドソーシングよりも報酬が高く安定していることが多いので、フリーランスの仕事探しの狙い目なのです。

こちらから営業をかけるのには、多少の自信が必要になりますが、企業側も「フリーランスを育てる」という感覚で募集していることも多いので、勇気を出して応募してみるとよいでしょう。

4.ホームページを作る

自分でネット上にホームページを作り、それにTwitterやInstagramなどのSNSと連動させて広く配信することでも顧客獲得につなげられることがあります。

この方法を昔からよく使っていたのが「イラストレーター」です。

イラストなどは作品をポートレートとして配信することができ、自分のスキルを示しやすいのです。

画像系・動画系などのスキルでフリーランスになろうとしている人には有効な方法です。

5.エージェントを利用する

最近では就活・転職サービスが充実しており、その中でも「エージェント」はかなりハイレベルなフォローをしてくれることで知られています。

ここ数年、フリーランスに対してのエージェントもいくつか誕生していて、たいていは登録も利用も無料なので試してみるのも一つの方法です。

エージェントは職のマッチングのプロですので、求められる人材を深く把握しています。

個人がネットサーフィンをしていて見つけられないようなフリーランスの求人もたくさん持っているので、条件の良い仕事が得られる可能性が高いのです。

まとめ

フリーランスになるにあたっての最大の問題は「顧客の確保」であり、それを解決することができれば成功する可能性も高くなります。

自分のしようとしている職種にあった仕事探しの方法を選択しましょう。

Copyright© フリーランス求人 , 2019 All Rights Reserved.